ネットで上手にモノを買う手法

20140110-000827.jpg
先日、アクセサリーブランドをプロデュースしている友人からネットでモノを売るコツを尋ねられた。
僕は実際にネットショップを経営した事はないので、あまり偉そうな事は言いたくないのですが「簡単には売れないぞ」って事だけはわかります。

未経験の物事をうだうだ語るほどダサい事はないと思うので、自分が伝えられる事ってなんだろう?
即答出来なくて、少し考えました。

僕はネットで買い物はする方なので、買い手側の意見なら伝える事が出来るんじゃないかな?
ただ買ってるだけじゃなく、「買う技術」に関してはなかなかのモノだと自負出来ます。

じゃあ、買う技術って何なのさ??
それは情報を仕入れる能力だと思います。
モノが溢れるネットの世界で、自分が欲しいモノに出会うのは至難の技です。

僕の欲しいモノの情報は主にブログやTwitterから仕入れてます。
商品も情報も溢れるようにある中で、良質な自分好みの情報を仕入れる為には誰が発信しているかが重要になります。
自分好みの発信者を見つける事が出来たら、求めていた情報に出会う事が出来ます。

じゃあ、どうやって発信者を探すのでしょうか??
ファッションのジャンルで話ますと、自分の好きなブランドや好きな雑誌の関係者や取扱店の方を見つけます。
その方の情報も十分良いのですが、宣伝の要素が強いのはどうしても否めません。
さらに良質な情報を求める場合は、そこから芋ズル式に発信者を探すのです。
「類は友を呼ぶ」
自分好みの人の周りには、自分好みの人が集まる傾向にあります。
ふとした瞬間にブログで紹介していたり、Twitterで交流していたりするので見つける事は難しくないと思います。

そこから定期的に、フォロー・リムーブを繰り返していくとどんどん情報が精製されます。
この手法は、どの業界にも使えると思います。
自分は、こうして得た情報を元に買い物をしています。

ウィンドウショッピングのように色々探して廻る買い物方法も良いですが、集まった情報から欲しいものを選択するという方法が新しい買い物の仕方なのかな〜と思います。
自分が気付く遙か前から実践している方も沢山いると思いますが、まだまだ一般的ではないのが現状です。
本当に良質な情報を得るまでは少し時間と手間が掛かりますが、集まり始めたら安定的に欲しい情報を得ることが出来ます。
ぜひ、実践してみて下さい。

発信者へのアドバイスとしては、商品の紹介だけでなくライフスタイルや商品の物語など、自分のファンになってもらえるような魅力的な情報を発信してみることを提案します。
容易な事ではないですが、あなたが作ったりセレクトした品には、必ず理由や物語があるはずです。
そこに消費者は魅力を感じて購買意欲をそそられます。
「この商品が欲しい」から「あなたが紹介していたあの商品が欲しい」を目指してましょう!!

ネットには今後もどんどん商品も情報も溢れてきます。
その中で今迄以上に楽しいショッピングをしていきましょう!!

Sponsored Link
2014-02-08 | Posted in コラムNo Comments » 

 
Comment





Comment