アラサーの背中が見えてきた昭和生まれのあなたへ

20140804-231426.jpg

29歳の誕生日を迎え、アラサーの背中がすぐそこに見えてきた。
MDプレーヤーからケツメイシやモンパチが流れていた青春時代を通り、お兄系が爆発的に流行った青年時代を駆け抜けて今に至る僕らの世代。
結婚した人もいれば、独りを楽しんでいる人もいると思う。
将来の自分もそろそろボンヤリと見えてきた頃なんじゃないかな?

ふと思う、そのボンヤリ見えてきた自分はギラギラしていた学生時代の自分に胸を張って会えるのかな。
辛いコト・楽しいコト 色々あったけど、人生素晴らしいぞって教えてあげられるのかな。

そんなことを考えていたら、今の保守的な自分にゾッとした。
これからの人生で「今」よりフットワークが軽くなる事は絶対にない。
「今」やれないことは「明日」はもっとやれないはず。
昭和生まれの同志たちよ、そろそろ錆び付いた身体を動かそうじゃないか!
趣味でもいい、遊びでもいい、仕事でもいい、ワクワクする何かを初めようぜ。
あの頃の自分が「憧れる自分」を目指してみようじゃないか。

夏の終わりが涼し過ぎるので、心を熱くさせてみました。
さぁーて、ワクワクに向けて行動開始・・・しなきゃな。

アクセスが落ちてきたBlogが今の自分の怠慢を表している気がする。
誕生日ほど、何かを変えるのにふさわしい日はないのかもしれない。
過去の自分に胸を張れるように、今の自分を変えていこう。

今を生きる自分への戒めを込めてのエントリーでした。

Sponsored Link
2015-08-12 | Posted in コラムNo Comments » 

 
Comment





Comment