2015-07-09

八代目儀兵衛 (はちだいめぎへい)/米料亭 京都市東山区祇園

弾丸関西旅行で京都に足を運びました。
ノープランで行ったのですが、最後の晩餐は美味しくて京都っぽいものをどうしても食べたい!!
コネがないので料亭などには行けません。
もちろん予算的にも無理ですが・・・笑
そんな中、最高のお店を予約できました。

以前チラッと小耳にはさんだことがある、お米のコース料理を出す料亭「八代目儀兵衛 (はちだいめぎへい)」です。
お米を最高に美味しく食べさせると評判です。
京都最後の夜を締めくくるのに、こんなに相応しいお店はありません。
日曜の夜なので運よく予約が取れました。
店構えも京都っぽくモダン和風でスーパーカッコイイ!!


「水無月の米ざんまいコース 八坂 ¥4930」
日本の心お米をフルに使用したコース料理です。
食育も兼ねて食事を楽しむコースでした。
料理を一品ずつ担当の料理人さんが説明してくれます。

オリジナルのブレンド米の販売もしているそうです。
かなりしっかり説明されましたが、個人的にはこのタイミングじゃないかな~と思ってしまいました。
最初はお米への想いを感じたけど、カタログで説明されると営業トークに感じてきました。

「粥 八穀米を使った御粥」
最初の一品は、一口サイズの御粥です。
甘みを楽しむ、米コースの始まりに相応しいスタートです。

「米菜 土鍋パンをご飯のお供で」
米粉で作られたパン、ゴパンてやつですね!
普通のパンと比べると、モチッとして粘りのある食感です。
小麦と違って風味はないかな?
浅漬けの漬物などといただきます。
付け合わせの里芋がなにより美味でした。

「鮨 儀兵衛の鮨米で握った鮨」
お鮨用にブレンドされたオリジナル米のお鮨です。
普通にお米より、粘りが少なくサッパリとした印象でした。
何より、肉厚に鯖寿司美味い!!!

「米の椀 鱧の飯蒸し~水無月仕立て~」
美味しかったと思うけど、あまり記憶にない一品。

「口直し 祇園料亭米 翁露 を炊くお水をひとしずく」
一切癖のない軟水のお水。
このクリアなお水が美味しいお米を炊く秘密の一つだそう。

「瞬米 銀シャリの誕生」
ホンの一瞬、お米が花開く瞬間のお米だそう。
少し芯があえうアルデンテのお米でした。
美味しいとかより、「へぇ~」という感じでした。

「茄子の煮びたし」
こちらはサービスで出してくれた一品。
ミョウガと生姜でさらりと頂きます。

ついにきました。
土鍋で炊き立てのお米が頂けます。
自分は普段から土鍋で炊いているので驚きはしませんでしたが、同伴者の友人はここでテンション上がっていました。
ちなみに、お茶碗は自分が好きなデザインを選ぶことが出来ます。

「米・主菜 祇園料亭米 翁露 の銀シャリご飯」
お供は、「儀兵衛の玉手箱~二段重~・塩海苔・香の物・お味噌汁」です。
お魚は銀鱈の西京焼きでした。
これはマジで最高でした。
最高ランクの定食って感じです。
噛むほど旨いお米と、派手さはないのですがそれを引き立てるオカズ達。
京都の夜を満足させる逸品でした。

「おこげ 出来立ておこげとだし茶漬けで食べるおこげ二種」
パリパリッのおこげは、さっぱりとしたお出汁のお茶漬けと粗塩でいただきます。
普段土鍋で炊いていると、おこげってない方がいいんですよね。
冷凍したら固くなるし、口の中にも残るので。
お茶漬けとの相性は良かったです。
自宅でやるかはわかりませんが、この食べ方は有りですね!

「甘味米 手作り甘味+お抹茶 +¥500」
苦~いお抹茶と、米粉のわらびもちと抹茶のういろうっぽい奴。
京都っぽくて良い口直しでした。

お店は八坂神社のすぐ近くにあるので、帰りにパシャリ!!
後ろの方気になるな~笑

大満足のコースでした。
お米でコースってどんなんだろう?と思っていましたが、
見事に色々な角度からお米を楽しめました。
昼のランチもエグイッて聞いております。
わざわざ並んでも食べる価値・・・ありそうですね。
むしろ、庶民の自分は定食の方が感動するかも。
銀座にもお店はあるそうですが、せっかくなら京都にきて寄って頂きたいお店です。
お米の炊き方なども教えて頂き、最高の夜となりました。
ご馳走様でした。
 
【京の米料亭 八代目儀兵衛 (はちだいめぎへい)】
075-708-8173
京都府京都市東山区祇園町北側296
11:00~14:30
18:00~21:00(L.O.)
定休日:水曜日
http://www.hachidaime.co.jp/
 

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です