天一(てんいち)/餃子 名古屋市西区庄内通

美味しい餃子が食べたくて、市内の隠れた名店を探していると名古屋市北区にある天一に辿り着きました。
探してみると餃子専門店は少なくて、好みのお店を見つけるのに苦労しました。
名古屋はホワイト餃子系のお店が多く、薄皮系のスタンダードなお店は希少です。

お店は黒を基調とした、シンプルながら重厚なある雰囲気。
この日は大将が一人で切り盛りしていましたが、普段は女性バイトもいるそうです。
真偽は不明ですが、大将曰く美人揃いだそうです。笑

店内はオープンキッチンで、調理風景も丸見えで安心感を覚えます。
大将一人では持て余すような広々としたキッチンです。


「焼き餃子 ¥380」
パリパリの野菜多めヘルシー系焼き餃子。
ニンニクは入っていないそうで、タレに入れて食べるスタイルです。
癖がないので、万人受けする味だと思います。
残念ながらこの日は水餃子が売り切れでした。

「牛肉湯:大 ¥480」
天一のもう一つの看板メニューらしいです。
どんな料理か分からず聞いてみたところ、中華版ビーフシチューとの事です。
牛肉湯=にゅうろうたんと読むそうです。
台湾では国民食だそうです。
まさに中華版ビーフシチューみたいで、牛肉の旨みがギューーーッと濃縮された甘みのあるスープでした。
味はかなり濃い目で、ビールか白飯が必須です。
大将が東南アジアでお店をやっていた時に受け継いだ秘伝の製法なんだとか。
こちらは癖が強いので好き嫌いは別れると思いますが、好きな人は激ハマりすると思います。
IM的には好きな味です。
麺入りの「牛肉湯 ¥650」もあるそうです。

「杏仁豆腐 ¥350」
特製の杏仁豆腐はラス1でした。
こちらもこだわりのホンモノの杏仁を使用して作っているので、
大量には準備できないそうです。
確かに杏仁の良い薫りがして美味し!!

大将は見るからに頑固おやじですが、話始めると気さくに色々教えてくれます。
「必ず餃子は注文」など独自ルールがありますが、
格安で料理を提供する為にやむを得ないそうです。
確かに二人で¥2000位とスーパー安い。
お酒をたくさん飲んでも、二人で¥5000はなかなか超えないと思います。
金儲けは二の次で、趣味でやっているそうです。
こういうお店は応援したいですね。
ご馳走様でした。

【天一(てんいち)】
052-521-4101
愛知県名古屋市西区天塚町1丁目73-2 レインボー天塚1F
[月~土}
11:30~14:00
17:30~23:00(L.O,22:00)
[日}
17:30~22:00(L.O,21:00)
定休日:木曜日・第3水曜日
http://www.tenichi.biz/

Sponsored Link
2016-10-16 | Posted in 中華, 餃子No Comments » 

 
Comment





Comment